HOME > ブログ

リレーアタック、スマートキー防犯設備士注意喚起

今となってはほぼ当たり前になったスマートキー、
車は勿論玄関ドアにも使われていますよね
スマートキーを鞄に入れておくだけで
鍵をごそごそ探さずにドアが開く、車に当たっては
鍵を指すところすらなく、スタートボタンを押すと
エンジンがかかるという優れもの
私も最初慣れなくて、ハザードボタンと間違えて
スタートボタンを押してしまった経験があります

そんな便利さはもの派の刃、スマートキーから常に
発している電波をコピーし犯罪に利用される
「リレーアタック」日本にも被害が急増しています

ある手口はこうです。複数犯にて
大型スーパーの駐車場や高級ゴルフ場にて
リクサス、ハイエース、クラウン、スカイライン
アウディ、BMW、ランドローバーなど
海外で高く売れる車種を物色、発見すると
共犯者に連絡、すると共犯者がその車のオーナーに近づき
スマートキーの発信電波をコピー、ここからが
巧妙、その現場では盗難は行わず、オーナーを追尾
自宅又は勤務先など確実に犯行後の時間を稼げる
タイミングをはかります。なぜなら防犯カメラや
道路などのFシステムの発達でリスクが多いため
彼らが逆算するのは船の積み込み時間を逆算
一番大切なポイントは、接岸していても
外国船内に積み込んでしまったら、警察も容易に
動けず、港湾管理局や公安等に手続しないと乗り込み
検挙できない事を犯人はよく知っています
よって、盗難から12時間~16時間以内に
闇の船籍に自走で乗り込める条件で事件を起こします
対応策としては、家に帰ったら
かんかんの中に鍵を収納、蓋をしておく
持ち運び時は専用の電波を出さない袋が
1000円程度で市販されているという事ですが
それではいちいち袋から出して車を開けることになり
スマートキーの意味がなくなります。

私も使っていますがほんとに便利なもので
くるまに鍵をかけるという原点も忘れてしまいそう

多くのものがデジタル化され便利になっていく
そんな中人間の作ったもの、必ず突破してくる人間が現れます
何が正しくて何が間違っているか
そんなことまでデジタルに支配されてしまう事だけは
避けたいものです。

▲ PAGE TOP