HOME > ブログ

発泡外壁ALCでのアルミシャッター下地工事西宮

現状のシャッターを解体してみなければ判断できない
ALC(強度の無い建築資材)重量のある電動アルミシャッターの
下地工事、30年の経験と建築物の構造の知識を駆使し
予想どうり隠れているH形鋼から控えを取り
下地自体の強度を作る下地工事を成功しました。
なかなか皆さん嫌がる工事、開けてびっくり玉手箱
何が出てくるかわからない状況での工事の進行は
手前みそではありますが勇気のいる仕事です。
建築屋さんはともかくこれを自社でできるシャッター屋さんは
そうはいませんよ、ってちょっとドキドキした私です(*´Д`)

DSC_0175

DSC_0172

▲ PAGE TOP